Notice: Undefined offset: 1 in /home/www/wordpress/wp-content/themes/dotmag/functions/widget-social.php on line 272

charriol Archive

charriol

QOLを高めるためのアイテム

QOLという言葉を聞いたことがありますか?これはクオリティ・オブ・ライフの略で、生活や人生の「質」を意味します。 日本人はこのQOLが先進国の中で低い、と以前から言われています。それは戦後日本人が自身の生活を顧みず、必死で仕事に取り組んできたからでもあり、我々日本人としては本当に誇らしいことです。 しかし時は流れ、政府は国民に寄り添わない政策を続け、企業は終身雇用を止め、弱い一個人は、自身の身を守る必要がある時代になってしまいました。 QOLを高めるアイテムの紹介 QOLを高めることは、過労死やうつ病、そういった現代の悲劇から自身を守ることに繋がります。このブログでは、そのためのお役に立ちそうな生活アイテムを紹介していきます。そして1人でも多くの方が、人生をより楽しめるようになることを願います。
charriol

デートをより楽しむために

恋人や愛する人と一緒に出かける時間は、QOLを高めるために重要な時間です。それこそが生きる目的なのですから当然ですよね。 仕事が忙しくて愛する人と一緒に過ごす時間が取れない、という方などは、自身が何のために働いるのかに疑問を持つこともあるでしょう。だからこそ、2人の時間をより充実させる必要があります。そのために役に立つアイテムを、いくつか紹介していきましょう。 絆創膏や胃薬などのメディカルセット 恋人と2人で過ごす楽しい時間ですが、トラブルに見舞われることもあります。ちょっとしたトラブルであるのなら、そんなことでせっかくの2人の楽しい時間を無為にしたくはないですよね。 特に女性の方は、少しの切り傷でもショックを受けたり、気にする方も多いでしょう。そんな時のために、絆創膏のような止血するためのアイテムを用意しましょう。恋人が緊張するタイプなら、デートでテンションが上がってしまい、頭痛や胃痛をおこすこともあります。そういう時のために、それに適した薬も念のために持ち歩きましょう。 ハイブリッド・電気自動車 ハイブリッド・電気自動車のメリットは、何も環境に優しいことや、燃費のことだけではありません。その静かなエンジン音と振動の少なさは、乗車する人のストレス軽減に繋がります。大きな声を出さなくても恋人と会話ができるドライブは、とても心地よいでしょう。
charriol

寝具にこだわる

平成28年におこなわれた総務省統計局の調査によると、10歳以上の日本人の平均睡眠時間は7時間42分でした。一日の3分の1弱が睡眠時間ということ、それはつまり、人生の3分の1を布団やベッドの上で過ごす、ということです。 それほど長い時間を過ごすことになる寝具について、どれほど気を使っていますか?実は、睡眠時間を快適にする、ということはQOLを高めるためにとても重要なことなのです。もちろん、それは睡眠の質を高めることで、起きている時間の充実につながるという意味でもあります。だからこそ、寝具にはこだわる必要があります。 ここではあなたの睡眠を快適にする、アイテムをいくつかご紹介します。 ウォーターベッド ウォーターベッドは独特の寝心地なため、好き嫌いが分かれるかもしれません。ですが、自分に合う感触のウォーターベッドを見つけることができれば、QOLを向上させることができます。ダニなどが湧かないため清潔な環境を整えやすく、また、ヒーターでウォーターベッド内の水の温度調整ができるため、自分にあった快適な状態を整えることができます。 高さ調節が可能な枕 現在、複数のメーカーがこのような枕を販売しています。特に寝返りをうつ方にとって、枕の位置によって高さが違うことは、快眠のために大変重要です。細かく調整できる枕もあります。感触も含め、自分にあった枕を見つけてみてください。
charriol

快適なリビング作り

休日にのんびりと過ごすことになる場所、それがリビングルームです。テレビをのんびりと見たり、家族団らんの時間を過ごしたりと、リビングリームはリラックスのための重要な空間となります。 だからこそ、リビングルームを快適にするためのアイテムにも気を使う必要があります。お客様を招く場合のことも考慮して、堅苦しくない、デザイン性に優れたアイテムを配置したいところです。 ソファ 多くの方がリビングルームにソファを置いていると思いますが、その選択にはかなり悩まれたと思います。 そもそも日本のリビングルームは狭いので、あまり大きなソファを置くことができません。また、子供がいるお家では汚れやすいファブリック製の物は置けないなど、悩みどころは数多くあります。ただ、それでもなるべく大きめの、そして深めのソファを置くことをおすすめします。リラックスするためのソファが小さくて浅かったら、心地よく休むことができないでしょう。 ビーズクッション そのソファの上に置くクッションですが、無印商品が売り出し「人をダメにする」をまで言われたビーズクッションがおすすめです。現在はニトリなどのインテリア小売りチェーンのほとんどで購入可能なので、選択肢もたくさんあります。大きめのソファと組み合わせれば、それこそ快適過ぎてそこから動けなくなること間違いなしです。
charriol

快適に仕事をするために

日本のビジネスマンのほとんどが、スーツスタイルで仕事をしています。もちろんスーツスタイルには、気持ちをシャキッとさせ、仕事に向かわせるためのスイッチとしての役割もありますが、やはり窮屈さを感じます。 それだけで肉体、精神にストレスがかかります。そういった部分の改善も、QOL向上には重要なポイントです。ここでは仕事をより快適にするためのおすすめアイテムを紹介します。 機能性ビジネスシューズ 営業職の方は長時間歩く必要があり、足の疲労も相当なものになります。それでも、お客様の所へクッション性の高いスニーカーを履いて営業に行くことはできません。そこで、なるべく疲れないシューズを用意する必要があります。 最近は「機能性」をうたった、多くの快適なビジネスシューズが登場しています。それらの売りはクッション性、通気性、そして軽さです。「アシックス」のようなスポーツシューズのメーカーも、そのノウハウを活かしてビジネスシューズを販売しているので、それも含め一度ご覧になってみてください。 速乾・防臭インナー 直接肌に触れるシャツの快適さは、気持ちよく仕事をおこなうための重要なポイントです。また汗による匂いが気になると、仕事に集中もできません。多くのメーカーが速乾・防臭機能付きのインナーを販売していますので、これをワイシャツの下に着て快適に仕事をおこないましょう。